ブランド

BRAND

濃厚魚介豚骨スープが、
極太の自家製麺に絡み、
旨さ極まる。


時間をかけてじっくりと炊き込むことにより、豚骨と魚介の旨味を極限までに引き出した「濃厚魚介豚骨スープ」。スープとの相性を最大限引き出すため小麦粉の配合にこだわり、香り・コシ共に妥協を許さない「自家製極太麺」。[並・中・大]の3サイズが同一料金。お腹いっぱい召し上がっていただけます。

 

香りとコシにこだわった自家製極太麺


自家製の極太麺は、数種類の小麦粉をブレンド。その日の温度と湿度によって加水率を変更。お客様への提供時には、麺の状態によって、茹でる時間を調整。茹で上がりを冷水で締めることにより、もちもちの弾力とのど越し、麺本来の旨味が引き立つ。

 
ープ

時間をかけて炊き上げた
濃厚魚介豚骨スープ


特製の濃厚つけ汁は、凝縮した豚骨と魚介の旨味と、厳選したたっぷりの食材をあわせる。店舗で毎日時間を掛けて仕込むスープは、最高の状態でお客様にご提供するため、全工程に妥協を許さない。つけ麺専門店としての誇りを持って提供する、このスープをご堪能あれ。

 

 メニュー

四季が運ぶ、美味しさと美しさを、
余す所なくスープの中へ。


その季節に合った食材で、お客様と一緒に季節の移ろいを感じる事のできる、季節限定メニューの展開。

春の訪れを感じるとともに梅
食欲の落ちる夏には、刺激的な辛さの灼熱で元気回復!
だんだん寒くなる秋冬には、体の芯から生姜で温めて。

季節メニューは、三田製麺所からお客様への美味しいお便りです。

季節メニューを見る
 

粋にして粋がらず、
通にして通ぶらず。


三田製麺所の持つ伝統を大事にしながらも、お客様に寄り添う形で、お食事を楽しくお召し上がりいただける空間を目指して。
お客様をおもてなしするのにふさわしい空間をつくる。

また、働く人にとっては、「三田製麺所で働く今の私」をより輝かせる事のできる、ひとつの「舞台」となるよう、働きやすさを追求。
新しい店舗の虎ノ門店や蒲田東口店は、調理場から客席が見渡せる構造となっており、いつでもお客様の目線に立った接客ができるように。

三田製麺所 ヒストリー

HISTORY

2008年   8月
三田製麺所 第1号店の三田本店をオープン
2012年   3月
大阪1号店となる梅田店をオープン
2013年  10月
台湾に海外1号店をオープン
2013年   2月
香港一号店となる銅鑼灣店をオープン
2016年   4月
初のフードコート型となるセブンパークアリオ柏店をオープン
2017年   7月
店舗デザインを一新して国内21店舗目となる虎ノ門店をオープン
2017年   8月
蒲田東口店をオープン
2017年  12月
天満駅前店をオープン
 
現在、国内23店舗、台湾5店舗、香港2店舗を運営中